遺言・相続の窓口 ウチダ和彦行政書士事務所 TEL 0568-82-6379 携帯 090-9895-4829 午前9時〜午後7時【年中無休】 愛知県春日井市神領町2-9-21

新着記事

2018.05.24
おひとり様の生前準備
2018.05.03
親のしつけ?
2018.04.28
遺言書は、具体的に

カテゴリ

カレンダー

<   2018年5月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ内検索

リンク

その他

親のしつけ?

『私のしつけが間違っていたんだろうか?』

ご主人が先日、お亡くなりになりました。

相続人は、奥様(75歳)と長男(52歳)、二男(49歳)ですが、長男夫妻は、両親と同居し父親が2年前に脳梗塞で片脚が不自由になったので介護にも努めていました。

遺産相続は、母親の生活資金の確保が第一であると考え、現金は母親が取得すればよいと長男は考えていました。

ところが関東で一人暮らしをしている二男が、法定相続分(4分の1)の現金を要求してきました。

お金.jpg

母親は、両親のことは顧みず、独身生活を謳歌している 二男が財産を要求してきたことにショックを受け嘆いて

いらっしゃいました。

同じように育ててきたのに権利ばかり主張して

感謝も思いやりもない子になってしまったのだろうと

自分のしつけが間違っていたのかなとあきらめて

それを受け入れることにされました。

母泣く.jpg民法では法定相続分を定めていますが、実際に法定相続分で分割する家族は、家族関係があまり良好ではない家族が多いような気がします。

遺言相続専門

ウチダ和彦行政書士事務所

相談無料(土日もOK、AM9:00~PM7:00)

TEL&FAX 0568-82-6379

上へ
戻る