遺言・相続の窓口 ウチダ和彦行政書士事務所 TEL 0568-82-6379 携帯 090-9895-4829 午前9時〜午後7時【年中無休】 愛知県春日井市神領町2-9-21

新着記事

2022.06.17
アパート経営されますか?
2022.06.05
のびる寿命、高まる遺言書の必要性!!
2021.09.28
生前整理から始めようか?

カテゴリ

カレンダー

<   2022年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ内検索

リンク

その他

アパート経営されますか?

相続対策でアパート建設を考えていますと相談を時々受けます。

アパート経営.jpg

私はお客様にアパート経営は「事業経営者」に

なることですよと覚悟を求めます。

経営者になれば入居者はすべて「お客様」であり、満足のいく住環境を提供しなくてはなりません。

「空き地があるからアパートでも建てようか」という考えなら考え直しを求めます。

また後継者(長男)にもアパート経営する覚悟はおありですかとお尋ねします。

アパート経営のバラ色の収支表を信じ込んで建てると

いずれ「こんなはずじゃなかった」という日が来るかもしれません。

後悔.jpg

また、アパートがどんどん建つとその間で競争が起こります。

入居者の取り合いになるかもしれません。

その時、勝ち抜くだけの魅力的なアパートとして存続させることができますか?

ただ、それをやるのはあなたの息子さんですよね。

息子さんが、将来「親父、大変な土産を遺して逝っちゃたな」と思わないように

家族で30年後40年後を見据えて徹底的に話し合ってください。

お問い合わせ・ご相談は遺言相続専門 ウチダ和彦行政書士事務所へ

TEL0568-82-6379 午前7:00~午後7:00 土日祝日OK 

生前整理から始めようか?

終活しようと生前整理から始めようとする方が多くいらっしゃいます。

いざ生前整理をしようと写真、手紙、日用品など小物から手を付けて

なかなかゴールが見えず挫折する方が多く見えます。

そんな方は細かく整理するよりその入れ物単位で片付けましょう。

例えば押し入れ、洋服タンス、書棚、食器棚などを片付けると

見た眼でスッキリするのでやりがいが感じられます。

遺品.gif

それと大切なことは、物を増やさないこと、増えたらその分減らすこと、

平素より気を付けることが大切です。

要は、その方の気持ちの持ちようでかつそれを持続することです。

ただ視点を変えれば、

生前整理は、やった方がそれなりに効果がありますが、

「人は、人」人生必須のものでもないのだから

気楽に考えればよいと思いますよ!!

遺言・相続手続き代行専門行政書士

気楽に相談してください(無料相談)

年中無休 午前9時~午後7時

相談電話 090-9895-4829

ウチダ和彦行政書士事務所

愛知県春日井市神領町2丁目9-21

空き家どうしましょう??

相続で実家が空き家になってしまいどうすればよいかわからず

放置しているケースを見かけます。

住宅0.jpg

築年数(40年以上)、居住状況等、条件はありますが、

その空き家になった家屋や家屋を解体した更地を売却した場合、

売却益3,000万円が特別控除されます。

つまり3,000万円分までは税金がかからないということです(一時所得)。

お金.jpg

ただ、実家の売却というのは自分や家族の懐かしい思い出が

消えてしまうような気がしますよね。

空き家を相続した人は管理が大変という声はよくお聞きします。

故人を偲び、家族でよーく話し合って気持ちがまとまったら

売却か活用かご決断ください。

慌てなくてもよいですが、相続後3年経過した年の12月31日までに売却することが必要です。

3年過ぎたら売却益全額に20%の税金がかかってしまします。

相場はいくらくらいか?

今が、売り時か?

お気軽にお問い合わせください。

 ご相談無料

相続手続き・不動産活用 

ウチダ和彦行政書士事務所

愛知県春日井市神領町2-9-21

相談電話 090-9895-4829

年中無休 午前9時から午後7時

相続対策は、相続税対策にあらず!

ご夫婦の『相続対策』の一番に考えることは

配偶者(妻)の『生存対策』です!

夫が亡くなっても生活費は半分にはなりません。

せいぜい2割引きくらいで考えてください。

生涯のマネープラン(収入と支出)を夫亡き後、

奥様一人になったときのことも考えてください。

困ったな.jpg

二人の年金ならできることが一人の年金になるとできなくなってしまうかもしれません。

不足分を補うには貯えが必要です。

そしてこの先確実に老いていきます。

夫は妻の生活の不安をなくすことが1番の「相続対策です」!

夫婦で考える奥様の『生存対策』は夫婦円満の秘訣ですよね❓

相続対策、相続手続きの無料相談

愛知県春日井市神領町2-9-21

ウチダ和彦行政書士事務所

相談電話 090-9895-4829

土日祝OK 9時から19時

土地の名義を変えないと罰則??

『今住んでいる土地は、20年前に亡くなった夫の名義のままですけどかまいませんか?』

分からないわ.jpg

この質問に今まででしたら「相続人である奥様やお子様などが亡くなられたり認知症になられると

手続きが面倒になることがありますので早めに手続したほうが、よろしいですよ」と

アドバイスしてました。

今後は土地の登記名義を変えないと罰則が課される予定ですと言わなければならなくなりました。

大雑把にいうと相続で土地を取得したら3年以内に名義を変えなさいという法律ができました。

変えないと10万円以下の過料が課されます。

今までの名義変更が済んでいない土地も法律施工後3年以内に変えないと同様です。

この法律の施行予定は2024年(令和6年)です。

名義変更手続きは、相続手続きなのでいろいろな書類集めと相続人全員の同意が必要です。

早めのスタートでご安心を!

相続手続きのご相談は、無料です!お気軽にどうぞ!!

相続手続き代行(年中無休 午前9時~午後7時)

ウチダ和彦行政書士事務所

愛知県春日井市神領町2丁目9-21

相談電話 090-9895-4829

相続手続代行業者です

行政書士が相続のとき「遺産分割協議書を作成します」と言いますが

一般の人にとって『それって何?相続手続きの一部なの?』と

疑問に思われることがあります。

分かりにくい業務内容説明はやめて『相続手続き代行業』

やってますと宣言します。

人がお亡くなりになったとき、財産があってもなくても各種相続手続きが必要です。

働き盛りの方が相続人になられると相続手続きをする時間がない、また老々相続で

相続する方も高齢者となると役所や金融機関が専門用語を使うので手続きが理解できない

人もいらっしゃいます。

つまり自力でできる方は少なく、できた方にお伺いしても銀行の手続きはいろいろ言われてもう辟易した、

という声も聞きます。

イライラする手続きはお任せいただき、ご自分のためにお時間を使ってください。

相続手続きのゴールまでご案内いたします。

登記手続き、相続税の申告手続きをする仲間もいます。

安心してお任せください。

相続手続き代行業・遺言作成専門

相談無料、土日祝日OK、9時から19時まで

ウチダ和彦行政書士事務所

連絡先 090-9895-4829

愛知県春日井市神領町2-9-21

生前贈与の理由(わけ)

高齢の父親をもつ息子さんからの相談で父親名義の土地建物を母親名義にしてほしいと相談がありました。

ホステス.jpg

よくある、相続税対策や母親の住居の確保かと思いきや、

『「親父に「愛人に土地建物をあげる」という遺言書を書かれたら大変だ。』ということがその理由でした。

お父様は「そんな心配はない」と否定されますが、息子さんは「年を重ねて酒でも飲んで判断力が衰えたときに

言い寄られたら断ることができなることがあるかもしれない」というお話でした。

幸いにも家族関係は良好だったので贈与契約をして母親名義に名義変更も

完了しました。(配偶者税額軽減の範囲内で贈与税はかかりませんでした)

それにしても、お母さんはお父さんの愛人の存在を知っているとの話を聞いて驚いたとともに、

家族関係は良好ということにも二重の驚きでした。

他人からの財産防衛も必要なケースもあります。お気を付けください!!

ご相談は無料です。お気軽にどうぞ

遺言♡相続手続き専門行政書士

ウチダ和彦行政書士事務所

メール ucchi@bc4.so-net.ne.jp

電話 0568-82-6379

土地なんていらないっ!!

相続対策で問題となることの一つに、

何の活用もできず、将来もその見通しのない土地の問題があります。

地方の山、田畑は売れない、貸せない、管理は大変と

所有者は困っていらっしゃいます。

山.jpg

相続対策の段階で土地の活用、処分方法を決めておかないと

相続人同士が奪い合うのではなく、押し付け合って

悩みが子々孫々と受け継がれていきます。

早めにできることはやっておきましょう。

市町村役場や近隣の人、農協,林業組合などに相談されることも一つの

の方法です。

人口減少、高齢化が進む今、早い者勝ちになるかもしれません!

遅くなれば土地処分の可能性もどんどん下がりますよ!!

遺言♡相続専門行政書士

ウチダ和彦行政書士事務所

相談電話 0568-82-6379

午前9時から午後7時 土日祝日OKですよ 

遺言書でラッキー!生保の見直し

『生命保険を見直して老後生活に安心を』

60歳代の男性から遺言書作成の相談がありました。

打ち合わせの中で生命保険についてご相談があり、

生命保険、医療保険、がん保険などに加入し毎月5万円くらい保険料を

払っているということでした。

お金.jpg

お子様たちも独立され、夫婦2人暮らし、あと数年で定年なのに

この大型保障は必要ですか?とお尋ねしたところまだ子供が小さかった

30歳過ぎに加入して一切見直ししたことが無いとのことでした。

保険が大好きな方は別として、今の状況、年齢にあった生命保険に

入るべきです。また、新しい保険も発売されており定期的な見直しで

お得になることもあります。

保険を一気にスリム化(保険料月2万円弱)して毎月3万円ほど浮いたことになり

現役中は積立貯金にするということでした。

もっと早く見直しすればよかったとちょっと残念そうでしたが、

今までの無事に感謝することにしますと納得されたご様子でした。

遺言書作成のときには財産内容も調べますので今後の生活を見直す

きっかけにもなりますよ。

犬.jpg

遺言♡相続専門行政書士

ウチダ和彦行政書士事務所

相談電話 0568-82-6379

午前9時から午後7時 土日祝日OKです。

つくればいいってもんじゃないよ!遺言書

コロナ騒動も少し鎮静化してきて遺言書作成のご依頼も増えてきました。

こんなご相談がありました。

遺言書とペン.jpg

「妻に先立たれ、長男、二男、長女の3人の相続になるんだけど

 不動産も預金も3分の1づつ平等に分けようと考えています。」

「えっ!それぞれの子との関係性、それぞれの今までの境遇などを

 考慮されましたか?

 居住している家は、3人共有にしますか?

 子どもさん方は、それで納得されると思いますか?」

 相続人である子どもたちは、自分以外の相続人と比較します。

 比較するということは、優越感、妬み、恨み、嫉妬、悲しみなどの感情が

 渦巻きます。その結果、兄弟姉妹の関係は、崩壊してしまいます。

泣く.jpg

 『遺言書は、平等より公平を重視して、想像力を最大限発揮して

  作ってくださいね!!』

 迷ったらいつでもご相談ください!!

相談は無料です。

相談電話 0568-82-6379

9時から19時まで(土、日、祝OK)

遺言・相続専門 ウチダ和彦行政書士事務所

愛知県春日井市神領町2-9-21

  

 

電話でOK!!相続相談!

新型コロナウイルスの感染防止のために外出自粛、大変ですよね。

ステイホーム.jpg

こんなご時世、お亡くなりになられても極めて小規模に葬儀をされますので

葬儀案内看板も見かけませんね。

遺影.jpg

人がお亡くなりになれば相続手続きが必要となります。

相続手続きや相続対策について相談があっても行政書士事務所や市民相談に

出かけるのも今は怖いと思われますよね。

そんな時はぜひ無料電話相談をご利用ください。

電話する人.jpg

極力わかりやすく、具体的にじっくりと説明させていただきます。

相続手続きについて全く分からない方も心配無用です。

質問をさせていただきながら必要な手続きをご提案いたします。

友達や兄弟姉妹に電話するような気軽な気持ちでお電話ください。

不安な気持ちで日々過ごされることは、心身ともに疲れます。

相談していただいて心の荷物を一つおろしてください。

手続きを当事務所にご依頼を希望されるときは、

お客様のご了解をいただければ

ご自宅にお伺いいたします。

#コロナウイルス #相続 #遺言 #相談 #葬儀 #春日井市 #行政書士

                                             相続♡遺言専門行政書士

ウチダ和彦行政書士事務所                                  愛知県春日井市神領町2-9-21                                        無料相談電話 0568-82-6379                                   午前9時から午後7時

-

大丈夫?法定相続分で?

ある日の相談から

先日亡くなった80代後半の男性の方の妹さんが遺産分割協議書持参で

相談にいらっしゃいました。(奥さんじゃないのも疑問です?)

この男性には子供がいないので妻と兄弟姉妹4人(内1人すでに死亡のため代襲相続人2人)の         相続になります。

私  「この遺産分割協議書は奥さんと兄弟姉妹で相談して作りましたか?」

    とお尋ねしたところ

相談者「いいえ、姪が全部作ってくれました。(えっ!)

    それとすでに亡くなった弟は相続できませんよね?」

私  「亡くなった弟さんに子供がいれば、その子が代わりに相続する権利がありますよ。

   その子の署名、押印がないのでこの分割協議書では相続手続きは、できませんよ。

   妻に4分の3、生存兄弟姉妹3人に12分の1づつの分割になっていますが、

   それで奥さんは納得されましたか?

   そして土地建物も分割して相続して共有するようになっていますが、

   将来のことを考えて作られたんでしょうかね?

   妻と兄弟姉妹3人と亡くなった弟の子2人で相談して遺産分割協議をしてください。

   分け方は自由です。遺産づくりへの貢献、兄弟姉妹の生活状況、これからの奥さんの

   生活保障等よく考えて作ってくださいね。」

会議.jpg

 まだ法定相続分での分割方法を「伝家の宝刀」のように考えている方がいらっしゃいます。

「法律通りに分ければ文句ないだろ」という考え方の人がいますが、それがその家族にとって

 不幸の始まりになることが少なくありませんよ!ご用心!

お気軽にご相談くださいネ!!

遺言・相続専門行政書士

ウチダ和彦行政書士事務所

相談電話 0568-82-6379

9:00~19:00(土日もOK)

 

遺言・相続相談

お客様が初めて相談で事務所訪問されるときにこんなことを

思われるのではないでしょうか。

相談.jpg

「相談は、本当に無料だろうか? 時間制限は、あるのかな?」

「相談だけでも気を悪くしないだろうか?」

「どんな行政書士だろうか? 変な行政書士だったらどうしよう?」

「業務の依頼を勧めてこないだろうか?」

ちょっと「ドキドキ」当然のことと思います。

最初の相談はお見合いみたいなものです。

相談を通してしっかり私を査定してください。

それからじっくり相談させていただきます。

相談無料

ウチダ和彦行政書士事務所

愛知県春日井市神領町2-9-21

0568-82-6379

AM9:00~PM7:00

土日、祝日OK

女性のための相続講座

3月17日(日)に春日井市のレディヤン講座で

「女性のための相続講座」と題してお話をさせていただきました。

募集人員20名でしたが相続遺言に関心の高い女性が多く、37名様に参加していただきました。

女性のための相続講座1.JPG

終活の中の生前整理、エンディングノート作成、遺言書について

お話をさせていただきました。

相続、遺言作成について疑問を持っていらっしゃる方も多く、

セミナー中の質問も多くあり、また終了後も質問される方が

10名ほど並んで待っていただくほど、盛り上がったものに

なりました。

女性は、将来の家庭の平和を真剣に考えている方が多いと感じる

セミナーでした。

おひとり様の生前準備

先日、80歳前の男性と話す機会がありました。

困ったな.jpg

この男性は、一人っ子で奥様に先立たれ、子供はいません(つまり相続人はいない)。一戸建てに一人で住んでおり、今は自分のことはできるそうです。

しかし、この先のことを考えると不安でいっぱいで、友達はいるが、同年代で頼りになるか分からないそうです。

今後、徐々に訪れるかもしれない能力の減退に備えて準備が必要となってきます。

このケースの場合、私がお手伝いできることは、

・財産管理委任契約

・任意後見契約

・遺言書

・尊厳死宣言書

・死後事務委任契約

などの相談、書類作成です。

しかし心から信頼できる契約の相手方、受任者、後見人、受遺者が、存在するかという問題があります。福祉の分野でも対応しきれないと思います。

ご本人は、今のうちに信頼できる老人ホーム等を見つけたいと言われています。

それぞれの家族関係、またその変化に翻弄されて窮地に追い込まれる高齢者が増えていくことが予想されます。

相続対策は重要ですが、それ以前のいかに生きていくか、生活していくかを一刻も早く考えることが必要であると思います。

お気軽にご相談ください 相談無料

ウチダ和彦行政書士事務所

TEL 0568-82-6379

✉ ucchi@bc4.so-net.ne.jp

親のしつけ?

『私のしつけが間違っていたんだろうか?』

ご主人が先日、お亡くなりになりました。

相続人は、奥様(75歳)と長男(52歳)、二男(49歳)ですが、長男夫妻は、両親と同居し父親が2年前に脳梗塞で片脚が不自由になったので介護にも努めていました。

遺産相続は、母親の生活資金の確保が第一であると考え、現金は母親が取得すればよいと長男は考えていました。

ところが関東で一人暮らしをしている二男が、法定相続分(4分の1)の現金を要求してきました。

お金.jpg

母親は、両親のことは顧みず、独身生活を謳歌している 二男が財産を要求してきたことにショックを受け嘆いて

いらっしゃいました。

同じように育ててきたのに権利ばかり主張して

感謝も思いやりもない子になってしまったのだろうと

自分のしつけが間違っていたのかなとあきらめて

それを受け入れることにされました。

母泣く.jpg民法では法定相続分を定めていますが、実際に法定相続分で分割する家族は、家族関係があまり良好ではない家族が多いような気がします。

遺言相続専門

ウチダ和彦行政書士事務所

相談無料(土日もOK、AM9:00~PM7:00)

TEL&FAX 0568-82-6379

あま市シルバーカレッジ

愛知県あま市のシルバーカレッジのセミナー

12月13日あま市美和文化会館で60歳以上の方を対象とするセミナーに講師として参加させていただきました。

今回の内容は「エンディングノートと遺言書」の話でした。

IMGP0002.JPG

参加者の皆様から多くの質問もいただいて「あっ」という間の2時間半のセミナーでした。特に遺言書作成には質問が集中し、真剣に取り組んでいる方が増えていることを感じました。

ご相談は無料

相続遺言専門

ウチダ和彦行政書士事務所

電話0568-82-6379

ucchi@bc4.so-net.ne.jp

上へ
戻る