遺言・相続の窓口 ウチダ和彦行政書士事務所 TEL 0568-82-6379 携帯 090-9895-4829 午前9時〜午後7時【年中無休】 愛知県春日井市神領町2-9-21

新着記事

2018.04.28
遺言書は、具体的に
2018.03.07
お客様からのうれしいお言葉いただきました
2017.12.14
あま市シルバーカレッジ

カテゴリ

カレンダー

<   2018年3月   >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

リンク

その他

お客様からのうれしいお言葉いただきました

4年ほど前に公正証書遺言づくりをお手伝いさせていただいた奥様(75歳)から

「先生、本当にありがとうございました。」

とお言葉をいただきました。

旦那様(78歳)が先日お亡くなり、あの時は煩わしいなと思ったけれど

遺言書をつくっておいて本当に助かったとのことでした。

そのご夫婦には、子がなく、旦那様の妹2人が九州に住んでいるそうです。(両親は、他界してます)

この旦那様と妹2人は、仲が良くないらしく、予想通り法定相続分の話が出たそうです。(妻が4分の3、兄弟姉妹が残り4分の1を均等に分ける)

相続争い2.jpg

ここで「遺言書」の話をしたら「でも『遺留分』という権利があるはずでしょ」と言ってきたそうです。

そこでこの奥様は、遺言書をつくったときの話を覚えていて「兄弟姉妹には『遺留分』は、ありませんよ」と言ってやったとのことでした。

夫婦で築いた財産はその夫婦のものです。

なんの貢献もせず、「権利」を振りかざす人から大切な財産を守るためには、『遺言書』が必要です。

相続遺言相談お気軽にどうぞ

ウチダ和彦行政書士事務所

打田相続事務所(愛知県春日井市神領町2-9-21)

電話0568-82-6379(土日も対応)

上へ
戻る