遺言・相続の窓口 ウチダ和彦行政書士事務所 TEL 0568-82-6379 携帯 090-9895-4829 午前9時〜午後7時【年中無休】 愛知県春日井市神領町2-9-21

新着記事

2019.03.18
女性のための相続講座
2019.02.23
相続に法律を持ち込むな!
2018.12.07
こんな遺言書、NG!!

カテゴリ

カレンダー

<   2019年2月   >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

ブログ内検索

リンク

その他

相続に法律を持ち込むな!

今年から来年にかけて相続法が改正されます。

遺影.jpg

その中の一つに2020年4月から施行される予定の配偶者居住権というものがあります。

例えば夫が亡くなり妻が夫所有の家に住んでいた場合、

妻は遺産分割で必ず配偶者居住権を取得することになり

終身その家に住み続けることができるというものです。

住宅.jpg

「そんなの当然でしょう」と思われませんか?

でも今までは、住宅以外にほとんど相続財産がなかった場合は、

住宅を売却して売却金を相続人で分けたり、妻が自分の老後資金

を他の相続人(子供など)に渡して何とか今までの家に住み続け

るなど高齢な妻にとっては過酷な状況に追い込まれることがあり

ました。

ただ、こんな状況に追い込むのは亡くなった夫と妻の育てた

子供たちです。

法律で決まっているからと親の生活を脅かすような子供もいます。

「こんな家族に誰がした?」

親の生き方、子供に対する躾、教育の結果かもしれません。

とっても悲しいことです。

祖母と孫.jpg

「親を大切に」「兄弟仲良く」「ひとには親切に」といった

気持ちが少しずつ欠落していき、その穴を法律が埋めていくと

いう気がします。

家庭に法律がどんどん入り込んでくると家族の精神的な

結びつきが弱まり家族、親族関係が崩壊してしまうかもしれません。

そんな悲しいことにならないよう家族関係、兄弟関係を

見つめてください。

ウチダ和彦行政書士事務所

上へ
戻る